--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.20(Sun):日記
俺は生徒会執行部だ。

高校2年になり、
後輩もかなりの人数を獲得できた。

最も心配されていた部員獲得も成功し、
今年度の生徒会は順調かに思えた。

しかし、現実はそんなに甘くない。

この時期になると、
生徒会では学園祭の準備に取り掛かる。

だが2ヶ月後に学祭を控えた今になり、
色々と問題が発生した。

その原因のひとつは大幅な人事異動。

生徒会執行部にも顧問の教師がいる。

我が校では生徒会の顧問は3人。

新入生の入部とともに、
新しい顧問が入る。

そして3年生の卒業と同時に、
その代と同時に入った教師も、
顧問から外れるといった仕組みだ。

それが今年度は違った。

引退するはずだった教師がそのまま引き継ぎ、
他の教師が顧問から外れてしまった。

そして新しい顧問が3人増えたのだ。

顧問の数は合計4人となった。

これがよくなかった。

人数が多いと意見が割れる。

さらには昨年の生徒会の顧問を経験していないため、
顧問同時の連携が取れなくなっていた。

こうなると生徒会執行部も動くことができない。

それが学祭の準備を大幅に遅らせていた。

そしてもうひとつの原因が、執行部の欠席。

今年度の執行部にはバイトをやっている人が多いため、
ほとんどが出席していない状態が続いていた。

これも生徒会を進められない要因のひとつだ。

そのため、いつも出席している執行部に
相当な負担がかかっていた。

そして、それは去年から顧問を引き継いだ教師も同じだった。

今、教師と生徒間でいがみ合った状態が続いている。

顧問は言う。

「生徒会執行部っていうのは、先生がいなくても
自分たちで動けるようにならないといけない」

だが、執行部だけで動いてしまうと、
今度はそのことで文句を言われる。

「なんで勝手に決める?」「なんで自分たちだけで動く?」

そうしろと言ったのは誰なんだ。

この問題が解決するのはいつになるのだろうか。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://nantokanarusho.blog136.fc2.com/tb.php/246-4ed37168
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。